高血圧が運動に良い理由とは。血圧が上がる運動も紹介

高血圧に運動が良い理由とは。血圧が上がる運動も紹介

こんにちは。
Shapic管理人の鈴木です。

高血圧って診断されたら大変ですよね。生活病の一つですし、高血圧を改善するために自分の私生活を変える必要があるということですから、とっても大変です。中には、頻繁に飲み会があるため食事で高血圧改善することが難しい人もいるかと思います。

今回は、運動から高血圧って改善できるの?高血圧が改善される運動ってどういう運動?という点に着目してみました。当メディアに寄稿いただいた体験談なども織り交ぜながら説明させていただきますので、よかったらそちらも読んでみてください。

高血圧にオススメの運動は有酸素運動

まず前提として抑えていきたいのが高血圧にオススメの運動は有酸素運動です。具体的に有酸素運動というのは何を刺すのでしょうか?一般的に言われる有酸素運動はこの3つが多いです。

  • ジョギング
  • スイミング
  • サイクリング

3つの運動に共通して言えるのが無酸素状態が限りなく少ない運動ということです。まあ有酸素運動というだけありますので、高血圧の方は酸素を十分に有した状態で行う運動がオススメということになります。

これらの有酸素運動には血圧を下げるだけでなく、肥満や糖尿病などの予防に繋がりますので、高血圧の方でなくてもぜひ実践してほしいですね。

高血圧の人が取り組む有酸素運動はどれくらいやればいいの?

では、有酸素運動はどのくらい行うのがいいのでしょうか?厚生労働省による「健康づくりのための身体活動基準2013」によれば、「週2日以上、30分以上」とされています。

最低でも週に2日、30分以上の有酸素運動を行えばいいとのことでした。でも、高血圧の方でこういった有酸素運動にすでに取り組んでいる方もそこまで多くはないと思いますので、正直おっくうだったりしますよね・・・。

そういう方には是非、日常生活の中に有酸素運動を取り入れることにチャレンジしてみてほしいなと思っています。

さきほどの厚生労働省の論文の「週2日以上、30分以上」というのは、「30分ウォーキングを続ける」「30分スイミングを続ける」などといったことでなくても大丈夫なんですね。例えば「10分のウォーキングを3回」、「15分の自転車通勤を行き帰りで30分」などといった形でも大丈夫なんです。

そうなってくると、どんな事情を持った方でも高い確率で取り組めるものになるのではないでしょうか?

  • いつも降りる駅より1つ手前で降りて歩いて帰宅
  • いつもより遠いお店でランチするようにする
  • 休日は子供一緒に遊んでみる

など、意識的に「10分有酸素運動する」ということに取り組めば日常の中でもいろんなことが行えると思います。

そういった取り組みやすいところから有酸素運動を始めて血圧を改善した方の体験談がこちらです。

こんな面白い取り組みをした方もいます。とっても大切なパートナーと一緒に有酸素運動に取り組んでみるのも面白いなと思います^^

運動じゃなくても高血圧は改善できる

いかがでしたでしょうか?是非、高血圧改善のために少しずつ、気軽に運動を取り入れてみるのはいかがでしょうか?

また、高血圧は運動でなくても例えば食事などでも少しずつ改善することができます。

ただ、食事などは飲み会や会食などが多くてなかなか取り組みづらい・・・。という方にはサプリもオススメです。

こちらでは高血圧の方にオススメのサプリをまとめているので、よかったら読んでみてください。

高血圧運動