DHAはアトピー性皮膚炎の苦しみから逃れられる術なのかもしれない - Shapic

2017 03 26

DHA美容

DHAはアトピー性皮膚炎の苦しみから逃れられる術なのかもしれない

atopic

DHAは炎症の原因物質を抑える働きが報告をされています。まだ、データを集めている段階ですが、軽度のアレルギーや花粉症対策でDHAを摂取することはそれなりに効果的と言えます。それなら、同じように免疫の過剰反応で炎症を起こすアトピーにも効果があるのでしょうか?

DHAとアトピーの関係性を知る前に…

アトピー性皮膚炎を知る

アトピー性皮膚炎というのは、具体的な部位に関わらずに突如として発生する皮膚炎です。アトピーにかかった人は湿疹や乾燥肌、丘疹(きゅうしん)といった症状が現れます。

アトピー性皮膚炎の苦しみは一言で言えば「痒いのに治し方が分からない」ことです。何に反応しているのかもよく分からないし、治療法と言ってもステロイド剤でかゆみを一時的にとめるだけです。少なくともアトピーを根治することのできる方法はまだ見つかっていません。

アトピーもアレルギー反応と同じく免疫機能が過剰反応している状態です。さらに、アトピーの人は皮膚が薄くてデリケートなので健康な人なら大丈夫な刺激にも反応しやすいです。

例えば、アトピー性皮膚炎の人がかゆくなりやすいものとして以下があります。

  • ハウスダストやダニ
  • ペットの毛
  • 暑さや寒さ
  • 食べ物や化学物質
  • 化学繊維
  • ストレス

よって、アトピーのになる人は食べるものや着るものについてもしっかり選ばなくてはいけませんし、温度調節についても気を遣う必要があります。

アトピーの人がさらに大変なアトピー素因とは?

アトピーの人は免疫力が弱く、しかも免疫が過剰反応するという特徴を持っています。
そのせいでアトピーの人は他の症状も併発していることがあります。

このような症状はアトピーを起こしやすい性質であるアトピー素因が原因になっています。
アトピー素因として有名なものにはこれらがあります。

  • ぜんそく
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎

よって、これらの症状を改善することもアトピーと大きく関わってきます。

アトピーは年齢とともに治るわけではない

かつてはアトピーと言えば子どもがかかるものでした。しかし、現在は思春期や大人になってもアトピーが治らない場合もよく知られています。それどころか、大人になってからアトピーが発症することもあるので注意しましょう。

このような事実を以て「アトピーが増えている、昔の子どもより弱くなった」という人がいますが、統計の問題と言う可能性も高いです。要するに昔に比べてアトピー性皮膚炎の診断をちゃんと行うようになったことやアトピーへの理解が高まったこともアトピーで悩む人が増えた理由と考えられます。

ステロイドが危険ってホント?

アトピーの問題で必ず話題になるのがステロイドの危険性です。ステロイドは免疫の過剰反応を抑えるための薬で、いわゆる皮膚に塗るタイプのかゆみ止めです。アトピーのかゆみは強く、皮膚のバリアも壊れているためだマテ放置したままではかゆみが収まらないため、しっかりステロイドを使うことでアトピーの改善を早めます。

しかし、ステロイドを使うことには「ステロイドを辞めた後のかゆみが強くなってしまう」「体に有害物質が溜まってしまう」「皮膚が薄くなってしまう」などの理由で懸念を示す人もいます。しかし、このような指摘に対しては適切なステロイドの塗り方をしていなかっただけと言う反論ができます。有害物質については明確な根拠がありません。

少なくとも、アトピーの肌は外からの刺激を受けやすく有害物質に対しても無防備です。確かに皮膚が薄くなると言う側面はありますが、皮膚を守るためにも塗ったほうが絶対に良いです。

アトピーとDHAの関係

そもそも、アレルギー反応ってどうして起きるの?

アレルギーは免疫の異常です。よく考えてみれば花粉や甲殻類、ソバ、卵など一体何がどう人間に悪影響なのか分からないのに命に係わるアレルギー反応が起きる人がいます。つまり、アレルギー反応は体が勘違いしているだけなのです。

中でも一番わかりやすいのは花粉症です。花粉症にかかると鼻水や涙が止まらなくなりますよね。それは、花粉を何とか大概に放出しようと無駄な努力をしているからです。ちなみに、アレルギー反応を引き起こすものをアレルゲンと呼びます。

また、免疫の過剰反応のせいで体が傷ついてしまうこともアレルギーの症状として知られています。とくに、急激に強いアレルギー反応が出ることをアナフィラキシーショックと言います。これはスズメバチに刺されたときの死因としても知られています。

具体的なメカニズムは以下のようになります。

  • アレルゲンが体内に侵入する
  • アレルゲンに対抗するためにIgE抗体という免疫物質が作り出される。
  • マスト細胞と結びつく
  • マスト細胞からかゆみや炎症の原因となる化学物質が放出される
  • 体中に炎症が起こる

アトピー性皮膚炎の人は通常の人よりIgE抗体が多く存在することでも知られています。

DHAは化学物質を作らせない

DHAは抗体とマスト細胞が結合した時に分泌される化学物質を抑える効果があります。そのため、IgE抗体が減るわけではなくともアレルギーの症状を緩和させることができると考えられています。よって、アトピーに対してもある程度の効果は出るものと思われます。

このような効果はDHAでなくとも、不飽和脂肪酸の中でも摂取しづらいオメガ3脂肪酸と呼ばれるものなら発揮することができます。逆に、動物性の脂肪は炎症の原因となる化学物質を作りやすいため、アトピーの人は肉食に偏らないように注意が必要です。

ただし、DHAを取り入れたとしてもアトピーの場合は外からの刺激に対処ししなくてはいけません。そのため、皮膚科での治療と合わせてDHAの摂取をするよう心掛けてください。

DHA以外でもできるアトピー対策

DHAを摂取することはアトピーに効果がありそうです。それ以外にはこのようなポイントがあります。

ストレスをためすぎない

アトピーと関連性が強い要因としてストレスがあります。精神的に追い詰められている時ほど体長は乱れやすくアトピーも出やすくなります。逆にストレスフリーで幸せな環境にいるとアトピーのかゆみは弱まりやすくなります。

保湿

アトピーで最も大切なのは保湿です。炎症を起こした肌は乾燥し、表面が壊れやすくなっています。だから、軟膏で保湿をすることで外からの刺激や爪を立てた時の刺激から身を守ります。そもそも、爪を多少深爪気味に切っておくこともアトピー対策として有効です。

化繊の服は着ない

化学繊維の服は皮膚に刺激を与えやすいです。自然繊維であってもがさがさした素材のものを着ると同様に皮膚炎を悪化させてしまいます。王道ですが綿素材の服を着ることがおすすめです。寒さが厳しい時には長袖のTシャツを肌着として用いると効果的です。

DHA・EPAを効率よく摂取するならサプリメントをオススメします

DHA・EPAは魚に多く含まれています。特に青魚にたくさん含まれているので、必要なDHA・EPAを摂るためにはサバやサンマを食べると良いです。イワシはDHAよりもEPAが多く含まれています。ところが、DHAは青魚以外には大した量が含まれていません。とくにタラに含まれているDHA・EPAは食肉と同程度です。

毎日の献立に悩む、青魚が好きでない、もっと手軽に摂取したいという時はサプリメントに頼るものおすすめです。サプリメントは必要な栄養素のみが凝縮されているので食事に合わせやすいです。

当サイトからのお申込数ランキングTOP3!

  • 13:45きなりが購入されました
  • 13:33きなりが購入されました
  • 13:22日清DHA&EPAケルセチンが購入されました
  • 13:16DHA&EPAオメガプラスが購入されました
  • 13:05きなりが購入されました
  • 12:50DHA&EPAオメガプラスが購入されました
  • 12:48きなりが購入されました
  • 12:28きなりが購入されました
  • 12:26日清DHA&EPAケルセチンが購入されました
  • 12:18きなりが購入されました
  • 12:08DHA&EPAオメガプラスが購入されました
  • 11:48きなりが購入されました
  • 10:28きなりが購入されました

第1位 きなり いまなら初回67%オフ!

動脈硬化や高血圧で悩まれている方にはきなりがおすすめ!
様々なDHA・EPAサプリメントの中でも、きなりが優れているのは①高品質なDHA・EPAが含まれていること、②DHA・EPAだけでなくサラサラパワーがあるナットウキナーゼが含まれている、③DHA・EPAを酸化させないクリルオイルが含まれていること、など高血圧や動脈硬化で悩まれている方にはぴったりのサプリメントです。

価格 オススメ度 安全性

1,980円
★★★★★
GMP認定取得工場で製造

第2位 日清食品 DHA&EPA ケルセチン

日清食品のサプリということもあって幅広い方からの信頼を得ているのがポイント!なおかつ、1位のきなりと同程度のお手頃価格。玉ねぎに2個分のケルセチンが配合されているので、血液サラサラ効果は間違いなし。ただ、DHA・EPAとケルセチンの2大成分で構成されているので、サプリメントでもよく知られるビタミン類やその他の成分は、別に摂取する必要があります。

価格 オススメ度 安全性

1,980円
★★★★☆
安心の日清食品ブランド

第3位 DHA&EPA オメガプラス

花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの方にオススメです。DHA・EPA含有量はきなりよりも多い660mgですが、酸化を防ぐという点できなりより劣っているのが難点。また、DHA・EPAサプリ特有の魚臭さを感じてしまうのも難点の1つです。

価格 オススメ度 安全性

2,263円
★★☆☆☆