Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/seopj/www/wp-content/plugins/smart-slider-3/nextend/library/libraries/localization/pomo/plural-forms.php on line 224

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/seopj/www/wp-content/plugins/smart-slider-3/nextend/library/libraries/localization/pomo/plural-forms.php:224) in /home/seopj/www/wp-content/plugins/multi-device-switcher/multi-device-switcher.php on line 118

Warning: Use of undefined constant auto - assumed 'auto' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/seopj/www/wp-content/themes/ShapicVer2/functions.php on line 5
妊娠高血圧|命に関わる病気だからこそ知っておきたいこと - Shapic

2017 03 04

高血圧妊娠

妊娠高血圧|命に関わる病気だからこそ知っておきたいこと

pregnant

高血圧の原因として妊娠があることをご存知ですか?実は妊娠高血圧は重症の場合母体やっ子どもの命にもかかわる病気なので、ここでも紹介します。

妊娠高血圧ってどんな病気か知ってる?

妊娠高血圧は、妊娠中毒症と呼ばれていた

妊娠高血圧症候群はかつて「妊娠中毒症」と呼ばれていた病気です。妊娠中毒症であった時代には蛋白尿、高血圧、むくみといった要素で判断していましたが、その中で血圧による影響が高いことが分かったので、妊娠高血圧症候群と呼ばれることになりました。

だからと言って高血圧の伴わないむくみ(500g~1㎏体重が増えるようなもの)や蛋白尿が正常というわけではないのでそのような状態も改善が必要になります。

妊娠高血圧の診断は上の血圧が140以上または下の血圧が90以上の場合に、蛋白尿も伴うものが基準となります。診断の時期は妊娠20週以降、あるいは分娩から12週間以内です。

妊娠高血圧は、胎盤のつくりに異常が出るもの

妊娠高血圧とは母体や子供に悪影響を及ぼす病気ですが、その理由は胎盤のつくりにあると考えられています。子宮側のらせん動脈は赤ちゃんに栄養を送るためのもので胎盤が作られる時に一度壊して作り直します。その時に十分な広さのらせん動脈が作れないことで血管が狭くなってしまうのです。

そのため、栄養や酸素を無理に送り出そうと血圧が上がってしまうと考えられています。しかし、これは見て分かる範囲のものであって根本的な理由は分かっていないのが現状です。分かっているのは妊娠高血圧で苦しむ人は血管壁が傷ついてしまうということで、胎盤だけでなく全身の血管のダメージにもつながります。

ただし、妊娠高血圧でも問題なく出産できる人は少なくありませんし、逆に高血圧でなくても問題が起きることもあります。

自覚症状は少ない

妊娠高血圧症候群は自覚症状が分かりにくいので重症になってお木塚づに過ごしている妊婦さんもいるほどです。だからこそ、自覚症状としてこのようなものを感じたらすぐに産婦人科へ相談するようにしてください。

  • 子宮がぎゅっと縮むように感じる
  • おしっこの量が少なくなって、むくんでしまう

さらにひどくなるとけいれんや嘔吐が起こりやすくなりますが、そのような場合はすでに産婦人科への相談がされているはずです。

妊娠高血圧の原因は正確にはわかっていない

繰り返しになりますが妊娠高血圧を引き起こす状態は分かってきましたが、その根本となる原因は分かっていないのが現状です。だから妊娠高血圧症候群になったとしても、自分や配偶者を責めないことです。普段の行いや食生活だけでは判断しきれない病気はたくさんありますし、通常の高血圧とは全く異なるものです。

妊娠高血圧になりやすい人

妊娠高血圧になる人は妊婦のうちの4%と考えられています。しかし、その中でも妊娠高血圧になりやすいのはこのような傾向を持つ人たちのようです。ただ、これも「絶対数がそもそも少ない」という前提で読み進めてください。

まず、出産の適齢期を離れるほど妊娠高血圧のリスクが上がります。35歳以上から発症率は上がっていき、40歳以上はさらにリスクが増えます。同様に15歳以下で妊娠した場合にも妊娠高血圧のリスクが高くなるため若ければ若いほど良いわけでもありません。

つぎに、妊娠高血圧は初めて赤ちゃんを出産する人の方がなりやすいです。これは初めての出産に体が慣れていないこともありますし、単純に妊娠高血圧になりやすい人が初めて出産をしただけかもしれません。残念ながら初産のときに妊娠高血圧があった人は、次の出産における妊娠高血圧症候群の確率が半分と非常に高くなります。少なくとも、初産「だから」高いというわけではないようです。

そして、肥満である人も妊娠高血圧症候群になりやすい傾向があります。BMI数値で言うところの25以上は要注意です。

また、妊娠していない時の血圧が正常高値、いわゆる上野血圧が130~139または下の血圧が80~89以上の場合に妊娠高血圧症候群のリスクが上がると考えられています。

妊娠高血圧は遺伝もしやすい

妊娠高血圧は遺伝が考えられます。しかも、直系でなくても血縁者に妊娠高血圧の人がいれば本人が妊娠高血圧症候群になるリスクが高まるようです。ただ、複数の因子が絡み合っているため遺伝がすべてではありません。

妊娠高血圧は降圧剤で解決できる?

妊娠高血圧を解決する方法としては減塩をすることや降圧剤を使うことです。しかし、妊娠中の降圧剤使用は控えたいところですし塩分を減らしすぎるのも妊娠高血圧のリスクを高めてしまいます。

つまり、明確な治療法や予防法はなくケースバイケースという状況です。もちろん、問題なく降圧剤を使えるケースも少なくありませんが、産婦人科としっかり相談することが求められます。特にアンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬などを服用している場合は他の薬に変えなくてはいけません。

妊娠高血圧になるとどんなリスクがあるの?

妊娠高血圧のリスクは人それぞれですが、危険な状態になると命に係わります。時には母体と子供のどちらを優先するかという状況に陥ることもあるようです。

母体へのリスク

母体へのリスクとして考えられるのが子癇(しかん)、肺水腫、HELP症候群、脳出血などです。

子癇

子癇とはけいれんのことで脳のむくみによって起こると考えられています。子癇が収まらないということは脳に異常が起きている証拠なので、早急の措置が必要です。脳の状態を見るためにはMRIなどを使います。もし、脳出血も起きているようなら脳外科医がその治療を行います。脳出血を放置すると脳機能の一部が失われるだけでなく命を失いかねないため、いざという時の決断も求められます。

肺水腫

肺水腫は肺に水が溜まってしまう病気で、呼吸困難や酸欠の原因となります。酸素が少ないと最終的には脳の機能が止まってしまうためこちらも早急の措置が必要です。肺水腫は高血圧によって血管から水が出てくることが原因と考えられています。

HELP症候群

HELP症候群とは赤血球が壊れる、血小板が減少するなどのせいで全身のダメージが発生する病気です。これは妊娠高血圧で全身の血管が傷つくこととかかわっています。妊娠高血圧症候群の人でも少ない症状ですが、発祥すると腹痛や嘔吐など非常につらい思いをします。HELP症候群を改善するためにはまず、赤ちゃんを体外に出すこと。そして臓器不全になる前に治療を終わらせる気音です。

また、このほかに常位胎盤早期剥離という胎盤がはがれおちてしまう病気も起きやすくなります。ただ、この病気は原因不明です。

胎児に発生するリスク

妊娠高血圧が重い状態の胎児は、栄養を十分に受け取ることができません。そのため、このようなリスクが考えられます。

発育不全

胎児に栄養が行きわたらない以上、胎児の発育がうまくいかなくなるのは当然です。そのため未熟児や低体重の赤ちゃんが生まれてくることが考えられます。

低酸素

血液は栄養と酸素を送るためのものです。妊娠高血圧症候群はらせん動脈が狭くなっていることから酸素も十分に供給されないリスクがあります。よって胎児が低酸素状態で過ごすこともあり得ます。すると、脳や体の機能が不完全になることが考えられます。最悪、呼吸ができずに命を落とす場合があります。

このように、どうすれば治るというものではありませんが、限られた中で最善の選択肢を摂れるようにしたいものですね。

当サイトからのお申込数ランキングTOP3!

  • 13:53きなりが購入されました
  • 13:41きなりが購入されました
  • 13:30きなりが購入されました
  • 13:24きなりが購入されました
  • 13:13きなりが購入されました
  • 12:58日清DHA&EPAケルセチンが購入されました
  • 12:56きなりが購入されました
  • 12:36きなりが購入されました
  • 12:34DHA&EPAオメガプラスが購入されました
  • 12:26DHA&EPAオメガプラスが購入されました
  • 12:16きなりが購入されました
  • 11:56きなりが購入されました
  • 10:36日清DHA&EPAケルセチンが購入されました

第1位 きなり いまなら初回67%オフ!

動脈硬化や高血圧で悩まれている方にはきなりがおすすめ!
様々なDHA・EPAサプリメントの中でも、きなりが優れているのは①高品質なDHA・EPAが含まれていること、②DHA・EPAだけでなくサラサラパワーがあるナットウキナーゼが含まれている、③DHA・EPAを酸化させないクリルオイルが含まれていること、など高血圧や動脈硬化で悩まれている方にはぴったりのサプリメントです。

価格 オススメ度 安全性

1,980円
★★★★★
GMP認定取得工場で製造

第2位 日清食品 DHA&EPA ケルセチン

日清食品のサプリということもあって幅広い方からの信頼を得ているのがポイント!なおかつ、1位のきなりと同程度のお手頃価格。玉ねぎに2個分のケルセチンが配合されているので、血液サラサラ効果は間違いなし。ただ、DHA・EPAとケルセチンの2大成分で構成されているので、サプリメントでもよく知られるビタミン類やその他の成分は、別に摂取する必要があります。

価格 オススメ度 安全性

1,980円
★★★★☆
安心の日清食品ブランド

第3位 DHA&EPA オメガプラス

花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの方にオススメです。DHA・EPA含有量はきなりよりも多い660mgですが、酸化を防ぐという点できなりより劣っているのが難点。また、DHA・EPAサプリ特有の魚臭さを感じてしまうのも難点の1つです。

価格 オススメ度 安全性

2,263円
★★☆☆☆